セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)

メニュー

Mac(マック)におすすめのセキュリティソフト

Mac

Apple社のパソコン、MacにもWindowsのパソコンのようにセキュリティソフトを使用したり、セキュリティ対策を行う必要があります。

今まではMacは大丈夫とMac神話のような話しがありましたが、2012年に60万台以上のMacが「Flashback」ワームに感染して大きな問題になり、その後も2014年10月にiWormというマルウェアが1万7000台のMacに感染していることが判明しています。

もうMacにセキュリティソフトは不要という時代ではありません。セキュリティソフトは必ず導入しておきましょう!

Macにおすすめのセキュリティソフトはこれだ!

  • ESET Smart Security
    (イーセット スマート セキュリティ)
  • オススメ度:
  • とにかく軽くて検知率が高セキュリティソフト。2015年度の満足度はNo1です。

    日本での知名度はマダマダですが、世界第三者機関の評価が非常に高く、既知ウイルスはもちろんのこと、特に未知ウイルスを検知する「ヒューリスティック」技術が優秀です。
    また、数あるセキュリティソフトの中で誤検知が一番少ないセキュリティソフトです。

    本体価格も安く、Windows、Mac、AndroidとOS問わず1ランセンス5台まで使えるマルチデバイスにも対応。余ったライセンスは家族や友人に分けても問題ありません。
    Macはもちろんのこと、軽さやコスパ重視の方にもおすすめです!

    arrow 詳しく見る

    ダウンロード

  • カスペルスキー 2016
    マルチプラットフォーム セキュリティ
  • オススメ度:
  • カスペルスキー

    世界中で信頼度が高く欧州では圧倒的なシェアを誇るセキュリティソフト。

    最新のウイルスや脅威に対応する「ハイブリットプロテクション」技術や、新種のウイルスを検出する「ヒューリスティック」技術などウイルス対策が充実しています。
    また、このソフトは個人情報保護に非常に強く、フィッシング詐欺対策はもちろん、キーロガー対策、リンクの安全診断機能なども装備されており、フィッシングサイトほか危険なサイトへのアクセスも未然的に防ぎます。近年急増している身代金要求型ウイルスにも対応しています。

    強固なセキュリティを求める方におすすめのセキュリティソフトです。

    arrow 詳しく見る

Macパソコンはここに注しよう!

Windowsとは仕組みが異なるMacのOS

Apple社のMacに搭載されているOS X(10.6.8)には、標準でマルウェアの進入や活動を防ぐアンチマルウェア機能が搭載されているなど安全性は高いものの、標準の機能だけでは十分とはいえないため、Macといえども弱点を補うためにセキュリティソフトを利用することで安全性は高まります。

標準のアンチウイルス対策も完璧ではない点に注意

一般にはWindowsのパソコン台数がMacの何倍も多いため、MacよりもWindowsが標的になりやすいとも言われています。しかしMacもさまざまなウイルスやセキュリティの問題が存在するため油断はできません。
たとえば、Macにはトロイの木馬というウイルスをチェックする機能が内蔵されていますが、亜種と呼ばれる改造版のウイルスが出てきた場合や、新しいタイプのMac向けウイルスが現れた場合には、そのままでは十分な対応は期待できません。

またフィッシングサイトや悪意のあるさまざまなスパイウェア、マルウェアに遭遇した場合にデータベースの対応が早い市販のセキュリティソフトが活躍し、安全を守る可能性が高まります。
ただし、Macにも偽セキュリティソフトが出回ったこともあるので、導入の際は信頼できるソフトを選ぶ必要があります。

必ず行いたいMacのセキュリティ対策

AppleはMacのセキュリティ対策を提案しています。セキュリティソフトの導入だけではまだ十分とはいえません。下記の対策も併せて実施しましょう。

  • 最新のOSへアップデートする

OSのアップデートがあれば、極力早く行いましょう。古いOSはウイルスの脅威に対して十分防御できない可能性があるためです。たとえばウイルスの作者は古いOSで公開されたセキュリティの問題点をたくみに利用して進入してきますので、古いままでは問題が発生する可能性があります。

  • 最新のブラウザにアップデートする

ブラウザはソフトの開発の規模が大きいことから、どうしても小さな不具合が残っていますので、こういった不具合を利用してウイルスが進入してきます。ブラウザも最新の状態に保っておきましょう。

  • スクリプトとプラグインを最新版にアップデートする

Java、Flash、QuickTimeといったプラグインも、セキュリティ上の脆弱性をついてウイルスの攻撃対象になります。これらも頻繁にアップデートされていますので、最新版にしましょう。また使用していない場合は無効にしておくこともできます。

  • USBメモリの利用は比較的安心

USBメモリは便利ですが情報の漏洩の温床となるとも言われ、セキュリティ対策として使用禁止の企業が増えています。MacでUSBメモリを使用する場合、データの暗号化を行うことができますので比較的安心して使用できます。

セキュリティピッタリ診断

診断スタート