セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)

メニュー

SNSをよく使う方におすすめのセキュリティソフト

SNS
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、Facebook、mixi、Twitterなどが有名ですが、利用する上でパソコンに対するウイルスなどの攻撃とは異なるセキュリティの危険があります。こういった危険がどこにあるかを知った上で利用するよう十分な注意が必要です。

また、SNSでの利用におけるさまざまな危険に対して、セキュリティソフトではまだ十分な対策機能があるとはいえない状況です。したがって個人の運用で対策を行う必要があります。

SNS をよく使う方におすすめのソフトはこれだ!

  • ウイルスバスター クラウド
  • オススメ度:
  • ウイルスバスター クラウド

    日本で一番売れており知名度も高いセキュリティソフト。使い勝手のよさや充実した機能が魅力で操作もシンプルでわかりやすい操作性になっています。

    FaceBookやTwitterといったSNSに対するセキュリティ機能が充実しており、2016年度版よりLINE(モバイル版のみ)にも対応しました。
    また、ブラウザやSNSから個人情報が漏れやすい設定になっていないかチェックしてくれるプライバシー設定チェッカーという機能も搭載しているためSNSを安全に使うことができます。

    初心者に優しい作りになっており、インストールからウイルスチェックまでの操作が簡単なためパソコンライトユーザーにもおすすめです。

    arrow 詳しく見る

    ダウンロード

  • ノートンセキュリティ
  • オススメ度:
  • 151017_00

    世界でNo.1のシェアを誇るノートン。ウイルス検出、フィッシング対策、個人情報保護など非常に多くの機能を有し、さらに強さと軽さを実現した高機能なセキュリティソフトです。

    SNS対策としては「ノートン セーフウェブ for Facebook」が装備されていて、ニュースフィードなどに貼られたリンクをスキャンし、フィッシング詐欺、危険なURL、ウイルス感染の可能性があるダウンロードリンクなどが見つかった場合は警告を発してwebの脅威から守ってくれます。

    また、「ノートンIDセーフ」や「ノートン ツールバー」を使うと、Webサイトの安全性をチェックし、詐欺サイト上でうっかり個人情報を入力することも防いでくれます。

    arrow 詳しく見る

    ダウンロード

SNSをよく使う方はここに注しよう!

本人確認があいまいなものもある

Facebookは利用者の本名の登録と公開が利用上の規約になっていますが、Twitterなどはハンドル名での利用が可能であることや、登録が簡単なことから実在の団体や個人、有名人と偽ったアカウントを利用している例が数多くあります。

またこういったアカウントのIDは2つ同じものはありませんが、表示名は自由に変更可能で重複も可能なことから、本物と紛らわしい表示名を設定して信頼させ、気の緩みに付けこむ例もあとを絶ちません。本人であるかどうかをしっかり確認しましょう。

短縮urlの危険性

Twitterでは投稿できる文字数が少ないことから、リンク先のurlは自動的に短縮されて表示されます。したがって、リンクをクリックしてサイトを表示する前にアクセス先のurlがどこなのかを表示されたurlでは知ることはできません。
クリックした先が危険なサイトであったり、ワンクリックで課金されるようなサイトである可能性もあります。信頼できない投稿に対しては、必要に応じて短縮urlを元に戻して実際のurlを確認してからアクセスしましょう。

SNSアプリケーションのインストールに注意

SNSを利用する際に、専用のアプリやソフトをインストールする場合があります。これらが情報の一部を送信する場合があります。インストール時にどのような情報の送信が行われるかの確認が行われてはいますが、その説明が非常にわかりにくいため重要な個人情報を送信していることに気づきにくい場合や、中には許可無く送信しているものもあります。

どのような情報を送信しているか、インストール時の注意をよく読みましょう。

位置情報に注意

最近のデジカメで撮影した画像データは位置情報が含まれているものもあり、そのままSNSに投稿してしまうと、自分のいる場所や行った先がわかってしまいます。また画像データだけでなく、投稿時に情報として自動的に付けられてしまう場合があります。
必要の無い位置情報は削除したり送信しないようにしましょう。

セキュリティソフトの現状と対策

ほとんどのセキュリティソフトはFacebookの投稿(タイムライン)にあるurlのサイトの危険性チェック程度の機能しかありません。またそのほかのSNSにはほとんど対応していないのが実情です。
SNSの問題点の多くは、セキュリティソフトで対策することが難しいので、自分でこれらの危険を十分注意して利用しましょう。

セキュリティピッタリ診断

診断スタート