セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)

メニュー

Amazonを騙るフィッシングサイト出現。アドレスには十分注意を!

2016.02.2

フィッシング対策協議会は2月1日、Amazonを騙るフィッシングサイトの登場に対する警告を発しています。
何気に上手い、ではなく姑息なアドレスを使用したサイトになっていますので、サイトのアドレスには十分注意を払う必要があります。

160202_01

フィッシングサイトのURLはコロンビアの国別ドメイン

今回使われてるアドレスは、コロンビアの国別ドメインである、「.co」が使われています。

日本のAmazonのアドレスは~.amazon.co.jpですので、URL全てを表示するスペースがないようなスマートフォンなどのブラウザで、
アドレスの末尾が切れた状態だと、フィッシングサイトのアドレスを正しいものと誤認する可能性があります。

アクセスする先のアドレスを末尾まできちんと確認する癖を普段から付けておきましょう。

転送先のサイトも本家そっくり

フィッシングサイトの転送先のログイン画面は、本家Amazonのものとそっくりです。
この画面だけ見ると、ホンモノと普通に勘違いしかねません。

2月1日14時半現在では以前フィッシングサイトは活動中との報告が上がっていますので、アクセスした先のアドレスは、末尾まできちんと確認して自衛しましょう。

Amazonからも注意喚起のニュース

Amazonからも「Amazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について」というタイトルの注意喚起のページが公開されています。

Amazonから利用者の個人情報をメールで送ることを要求するようなことはない、ということが明記されていますので、フィッシング狙いのメールには十分注意をしてください。

また、上記のページには、Amazonがメールで実際に使用しているアドレスが網羅されています。
こちらも確認しておくと良いでしょう。

基本的には、「~.amazon.co.jp」、または「~.amazon.jp」、「~.amazon.com」のドメインです。

フィッシング対策協議会Amazon をかたるフィッシング
AmazonAmazon.co.jp からのEメールかどうかの識別について