セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)

メニュー

「ウイルスバスター クラウド 10」登場!Windows10、マルチデバイスに対応

2015.07.27

トレンドマイクロは7月27日、ウィルスバスターの最新版「ウィルスバスター クラウド 10」を発表しました。
あわせて、モバイル向けセキュリティソフトの「ウィルスバスター モバイル」も発表しています。

発売日は、マイクロソフトの新OS「Windows 10」と合わせる形となっており、ダウンロード版は7月29日から、パッケージ版は9月4日より販売開始となります。なお、既存ユーザーは同日より、インターネット経由にて新バージョンへのバージョンアップが可能となっています。

150727

トレンドマイクロ プレスリリース:
http://www.trendmicro.co.jp/jp/about-us/press-releases/articles/20150721035308.html

製品の概要

ウィルスバスター クラウド 10では、ついにWindows向けのウィルスバスター クラウド、Mac向けのウィルスバスター for Mac、スマートフォン・タブレット端末向けのウィルスバスター モバイルの3製品が統合されました。

1つのライセンスで形態の異なる3つまでの端末にインストール、保護を行うことが出来ます。

トレンドマイクロの調査では、一般ユーザの利用する端末が多様化する傾向があり、ユーザの65.4%は一人で複数の異なるデバイスを利用する、との調査結果が出ているとのこと。

さらにスマートフォンでは、セキュリティソフトの導入率が4割以下と低くなっていることも、今回の製品のライセンス体系実現の一要因ともなっています。

なお、ウイルスバスター クラウド 10に対応するOSバージョンは、Windows版ではWindows Vista以上、Mac OS X版では、バージョン10.9.0以上となっています。

Windows版の特長

ウィルスバスター クラウド 10Windows版に追加された新機能と強化機能は以下の通りです。

  • Windows10に対応
  • OneDriveに保存されているデータのスキャンに対応
  • マイナンバー対策の強化
  • 不快な広告を表示するプログラムの検出
  • SSL証明書偽装のチェック機能
  • Facebook上で利用できるゲームアプリの自動投稿の公開範囲チェック

150727_02

Mac版の特長

Mac版では、ウィルス検出のためのパターンファイルの一部をクラウド側に移行して負荷の軽減を行う「スマートスキャン」への対応がうたわれています。

価格とラインナップ

ウィルスバスター クラウド 10の価格とラインナップは以下の通りです。

ダウンロード版

ウイルスバスター クラウド 10 1年版 5,380円
ウイルスバスター クラウド 10 2年版 9,680円
ウイルスバスター クラウド 10 3年版 12,780円
ウイルスバスター クラウド 10 + デジタルライフサポート プレミアム 1年版 7,980円
ウイルスバスター クラウド 10 + デジタルライフサポート プレミアム 2年版 13,800円
ウイルスバスター クラウド 10 + デジタルライフサポート プレミアム 3年版 18,580円

※価格は全て税込

パッケージ版

ウイルスバスター クラウド 10 1年版 オープン価格
ウイルスバスター クラウド 10 3年版 オープン価格
ウイルスバスター クラウド 10 1年版 同時購入版 オープン価格
ウイルスバスター クラウド 10 3年版 同時購入版 オープン価格
ウイルスバスター クラウド 10 + デジタルライフサポート プレミアム 1年版 同時購入版 オープン価格
ウイルスバスター クラウド + デジタルライフサポート プレミアム 3年版 同時購入版 オープン価格

⇒ ウイルスバスター クラウド 10 の公式サイトはこちら