セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)

メニュー

偽セキュリティソフトにご用心!

さまざまなサイトを閲覧していると、そのサイトのブラウザの画面内や別ウインドウが開いてセキュリティに関するメッセージが出てくることがあります。

たとえば

  • このパソコンはウイルスに感染しているので対策が必要です
  • このパソコンから個人情報が流出している
  • パフォーマンスが低下しているのでスキャンが必要です

といった内容のものです。

心配になって指示通りパソコンをスキャンすると、セキュリティソフトのインストールや購入を促され、クレジットカードなどで購入させようとします。

これらの多くは偽のセキュリティソフトで、実際には見た目はそれらしいものの効果の無い場合があります。単に効果が無いだけならまだしも、ウイルスが仕込まれていて、パソコン内部の情報を破壊したり個人情報を盗み取ることさえあります。

こういったいい加減なセキュリティソフトを利用しないように注意しましょう。

しっかりしたオンラインスキャンサービスもある

ただしこういった画面の全てが偽の画面ではなく、きちんとしたメーカーのサービスもあります。例えばインターネット接続するために契約しているプロバイ ダーでは、契約者向けのサービス向上と契約者同士の感染を抑制するために、こういったウイルススキャンのサービスを提供しています。一時的に利用するので あれば利用者にとって有益な機能と言えます。

ただし多くのサービスでは、無料の範囲はスキャンまでです。感染が見つかった場合のウイルスの削除や隔離を行うためには、その製品をオンラインで購入してインストールする必要があります。

またオンラインスキャンはあくまでも一時的なものであり、常時監視が行われるセキュリティソフトをインストールして使用しなければなりません。

もし感染してしまったら

一刻も早く削除(アンインストール)しましょう。また他のパソコンへの感染を防ぐためにLANから切り離すことも必要です。

また偽セキュリティソフトは削除(アンインストール)が難しいものもありますので、その場合は「システムの復元」を行うことで、インストール前に近い状態 に戻すこともできます。それでも上手く戻せない場合は、セーフティーモードという緊急時の起動方法を利用して削除します。さらにこれで削除できない場合 は、パソコン自体を初期化しなければなりません。

こういったことにならないよう、セキュリティパソコンの運用開始時点からセキュリティソフトをインストールするべきです。これにより、偽セキュリティソフトをインストールしてしまうことを防ぐことができる可能性が高まります。

セキュリティピッタリ診断

診断スタート