セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)

メニュー

狙われた銀行と消えた預金

このところ、インターネットを利用したお金のやり取りがごくあたりまえに行われるようになってきました。現在では誰もがスマートフォンを利用して、電波さえ届けばどんな場所でもショッピングを行い、お金の決済を行っています。

しかし、まだこういったサービスが始まって日が浅いため、さまざまなセキュリティの問題が起き、技術的な未熟さや利用する側、運用する側の未熟さも手伝って、お金にまつわる被害が増え続けています。

インターネットバンキングの被害

インターネットバンキングのIDやパスワードがさまざまな方法で盗まれ、預貯金が別の口座に不正に送金される被害が年々増え続けています。

平成23年の被害総額は約3億800万円、平成24年は約4800万円と減りましたが、平成25年の被害総額は約14億円、平成26年は上半期だけで18億円にもなっています。

狙われる金融機関が地方を中心に広がったり、1件あたりの金額も大幅に増えるなどあらゆる面で拡大しています。金額が大きくなっているのは、送金の上限の大きな法人口座が狙われているためと言われています。

なぜ騙されてしまう?

こういった被害の背景にあるのは、インターネットの利用者が増えたことや、利用する側のセキュリティに対する意識の低さもありますが、手口が巧妙になり怪しいと思わせない下準備があります。

IDやパスワードを盗む手口はパソコンに進入するといった高度な手法も行われる場合もあります。しかし、メールを使って偽のサイトのリンクをクリックさせ、表示された画面にID、パスワード、乱数表を記入させるといった極めて原始的な方法も行われています。

入力画面も本物の銀行のサイトとそっくりに作られていて、ちょっと見ただけでは偽のサイトかどうかを見分けるのは難しいほどです。

またメールに記載されている内容も本物に似せて作りこまれているため、セキュリティの意識が低いと簡単に信用してしまいます。

対策はできるのか?

最近では、ログインすると携帯電話にメールが送信されるような仕組みも導入され、ログインしたことが確認できます。つまり自分以外がログインした場合に、すぐにわかるようになっていますので、危険をすぐに察知できますのでぜひ利用しましょう。

怪しいサイトのアクセスに関しては、セキュリティソフトが警告を発生してくれることも多いのである程度は防ぐことができますが、新たな犯罪や詐欺行 為に対しては対処が追いつかない場合があります。セキュリティソフトの利点と、セキュリティに関する問題点を知った上で、個人の運用での注意と組み合わせ ることで被害をできるだけ防ぐことができます。

セキュリティピッタリ診断

診断スタート