セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)

メニュー

USBメモリでパソコン内が大参事!

個人でも会社でも、大容量のデータの移動や交換に便利内USBメモリが利用されています。パソコンには必ずUSB端子があるためどのパソコンにも互 換性があり、小さな本体で数ギガバイトのデータを高速に読み書きも可能で、さらに全てフラッシュメモリであるため振動などに強く価格も安いため、とても便 利なツールとして広く利用されています。

しかし小さくて大容量であるため、大切なデータを大量かつ安易にコピーして紛失してしまったり、ファイル共有ソフトを使用したパソコンでデータが流出するなど、過去に大きなセキュリティの問題が何度も起きています。

またデータの流出だけでなく、ウイルスに感染したUSBメモリは他のパソコンに差し込むだけでAutorunという自動実行の機能が働き、あっとい う間に感染してしまうリスクもあります。また一度感染すると、他のUSBメモリを差すとそのUSBメモリにも感染したり、接続している他のハードディスク やネットワークのパソコンにも感染するものもあり被害が拡大します。

自動的にUSBメモリから感染する

AutorunはWindowsに備わった機能で、インストールディスクなどによく使われています。メディアやメモリをパソコンに接続しただけでイ ンストーラーなどが自動的に動き出すため初心者にとって便利な機能ですが、これを悪用してマルウエアなどの悪意のあるプログラムを勝手にパソコンにインス トールしてしまいます。

感染したUSBであることに気づかずに他のパソコンにも使用することで、次々に感染しているパソコンが増えてしまいます。

最近ではAutorun対策が進んでいますが、他の感染方法も考え出されています。たとえばOSのショートカットの脆弱性を利用したSTUXNET というウイルスが現れています。またUSBメモリ内にファイルやフォルダを用意し、ついユーザがクリックしたくなるように見せかけたものもあります。たと えば、実行ファイルのアイコンをフォルダのアイコンに変え、フォルダと思わせてダブルクリックさせてウイルスを実行させて感染させるといった例がありま す。

USBメモリの対策は?

まずパソコンのAutorun機能は停止しましょう。

またUSBメモリからの感染はWindowsの標準機能では防御できないため、セキュリティソフトが必須になります。もしウイルスの定義データにこのウイルスが含まれていたりパターンが似ていれば、感染しようとした時点でメッセージが出て感染を防ぎ、削除してくれます。

さらにパソコン側だけでなくUSBメモリ側でもウイルスチェックを実現した機種もあります。
また、USBメモリは無くしやすいので、紛失時の対応のためにもできるだけ暗号化された製品を使いましょう。

セキュリティピッタリ診断

診断スタート